コミックエッセイガイド

テーマでみつかるエッセイ漫画

title

離婚に関するエッセイ漫画8選!夫がモラハラや浮気した時、どうする?

結婚する前は普通だったのに、いざ結婚してみると夫がモラハラだったり、浮気癖があることが発覚という体験をした方はたくさんいます。

そんな時、離婚が頭をよぎるものの、実際には子供のこと、お金のこと、家のこと…。と考えないといけないことが思った以上にたくさんあります。

そこで「モラハラや浮気で離婚するか悩んだ体験」「実際に離婚した体験」を描いたエッセイ漫画を集めてみました。どんな答えを出すにしろ、実際の体験談はきっと参考になるはずです。

目次

  1. 顔で選んだダンナはモラハラの塊でした
  2. 暴力亭主から逃れる10の方法
  3. りこんみち 母さんは覚悟をきめたよ
  4. 離婚してもいいですか? 翔子の場合
  5. カマかけたらクロでした
  6. 結婚さえできればいいと思っていたけど
  7. 母親やめてもいいですか
  8. 不倫サレ日記。 結婚9年目で33歳子なし兼業主婦が不倫されてみた
顔で選んだダンナはモラハラの塊でした

顔で選んだダンナはモラハラの塊でした

作者

鳥頭ゆば, モグ

出版年

2020/06/04

Amazonで詳細をみる

結婚して気づいた夫のモラハラ性格

作者さんが旦那さんに初めてあった時思ったのは「顔が超タイプ!」ということ。付き合ってる中で少し違和感を感じることはあったものの、顔をみると全て許せてしまう作者さん。ほどなく結婚するのですが、それが夫からのモラハラの日々の始まりでした…。

平気で傷つける暴言をはいてきたり、子育てを一切手伝わない上にミスがあると攻め立ててきたりと、作者さんは追い詰められていきます。

それでも「自分も悪いのかも」と思ってしまう作者さん。外からみると明らかなモラハラも自分がやられてる最中には、気付きづらいものです。

「うちの家って変かも」と少しでも思ってる人は、一度手にとってみてください。また作者さんの反省にある、結婚前にモラハラ男を見抜く方法なども必見です!

暴力亭主から逃れる10の方法

暴力亭主から逃れる10の方法

作者

斎藤かよこ

出版年

2020/05/25

Amazonで詳細をみる

モラハラ夫と義両親の洗脳から抜け出す!

モラハラを受けて逃げ出した作者さんの実体験をもとにしたエッセイ漫画になっています。

日常的に暴言を吐いてくる言葉のモラハラ、暴力によるDV、時間やお金の自由を制限する経済的なモラハラ、作者さんはそんなあらゆるモラハラを夫と義両親の3人から受けてきました

3人に洗脳されて「自分が悪いから仕方ない」と思いこんでいた作者さんですが友人と話すうちに、自分の環境の異常さに気づきます。そして、モラハラ夫(と義両親)から逃げることを決意!友人と共に作戦を練りながら一歩一歩、進んでいきます

証拠の集め方、外部への支援の頼り方、第三者を入れた話し合いの方法、などなど実際にモラハラから逃げる経験をしたからこその実践的な対応方法を知ることができるエッセイ漫画になっています。

りこんみち 母さんは覚悟をきめたよ

りこんみち 母さんは覚悟をきめたよ

作者

古野崎ちち子

出版年

2014/11/21

Amazonで詳細をみる

自分は離婚を決意、でも夫が…

母の作者さんと2人の娘(中2と小5)は大の仲良し!でも夫は…。以前は出版の仕事で稼いでいた作者の夫。そんな夫は不景気で仕事がなくなってから、ただでさえ激しかった気分の浮き沈みが、さらに激しくなります

子供が「お父さんの服、グレーが多いね」と言うと、夫「オレの人生なんてドブネズミみたいなもんっていうのか!!」と激怒して子供の胸ぐらを掴んできます

そんなモラハラ夫は、やがて自分の部屋に朝から晩まで引きこもって叫び声や泣き声だけが聞こえてくるようになります。

娘2人にも後押しされ、作者さんはついに離婚を決意!作者さんと娘2人で離婚に向けて突き進んでいきます!

家の権利書を隠すなど、離婚に全く協力的でない夫…。どうやって離婚をすすめていくのか、気になった方は是非読んでみてください。

離婚してもいいですか? 翔子の場合

離婚してもいいですか? 翔子の場合

作者

野原 広子

出版年

2018/04/13

Amazonで詳細をみる

私は夫が大嫌い

この漫画は完全な実話ではないですが、作者さんの体験をある程度もとにした準エッセイ漫画になっています。

主人公の翔子は6歳と4歳の子供を育てる専業主婦。夫含めて4人暮らしの、一見幸せな家族。でも、翔子さんは1つ大きな問題を抱えていました。それは「夫が大嫌い」なこと…。

というのも夫は自分中心で家事も子育ても手伝わない上に、やたらケチだけはつけてくるし、気に入らないことがあるとすぐに不機嫌になるモラハラ気味な性格でした。

翔子さんは、いつしか「夫を怒らせないように、機嫌を損ねないように」生活する日々になっていました。大嫌いな夫のために、ニコニコしながら毎日ご飯をつくる日々…。

そんな翔子さんでしたが、「もう限界」と思ってしまう出来事が起こり、離婚について真剣に考え出します。爆発した翔子さんがとった行動とは?ぜひ読んで確かめてみてください。

カマかけたらクロでした

カマかけたらクロでした

作者

うえみ あゆみ

出版年

2014/12/18

Amazonで詳細をみる

お腹に子供がいる中の浮気発覚

作者さんは、旦那さんと、幼い娘、そしてお腹の中の息子も入れて4人家族。でも夫婦仲は新婚の時から良くなく、喧嘩ばっかりの不仲夫婦でした。

駆け出しADの夫は、多忙な日々で家に帰ってこない日も増えてきます。2人の会話も減っていき、業務連絡のようなやりとりばっかりになっていきます。

作者さんは、さみしさや、仲良しな家庭への憧れは募っていくものの、DVや浮気などはなく別れを決意するほどでもない日々を過ごしていました。

ところがある時、浮気の疑いを持ってしまうようなものを見つけてしまいます。作者さんはカマをかけて、全部わかってるんだと夫に迫ってみると…。夫はあっさり、浮気について認めました

そこから作者さんは、離婚について本気で考え出します。離婚調停などの進め方についてもリアルな様子がわかるエッセイ漫画になっています。

結婚さえできればいいと思っていたけど

結婚さえできればいいと思っていたけど

作者

水谷さるころ

出版年

2016/10/27

Amazonで詳細をみる

結婚 → 離婚 → 事実婚

アラサーになったことを、きっかけに「とにかく結婚したい!」と思うようになった作者さん。

結婚に乗り気ではなかった彼氏さんを「自分がなんでもやるから!」と説得して結婚に踏み切ります。憧れの結婚ができたものの、共働きなのに料理に、家事に旦那さんを支え続ける日々。結婚の時にした約束も旦那さんは全て無視

そこで「なんで結婚に憧れてたのか?」「結婚とは何なのか?」について作者さんは考え出します。その結果、その旦那さんと離婚して「結婚」という制度にとらわれない幸せの形を見つけます。

「私たちは"結婚"という言葉に縛られすぎているのかも?」と考えさせるエッセイ漫画になっています。事実婚や女性のフリーランス事情についても、詳しく体験が書かれているので気になる方は是非読んでみてください!

母親やめてもいいですか

母親やめてもいいですか

作者

山口かこ, にしかわたく

出版年

2013/03/01

Amazonで詳細をみる

子育てから逃げ出した先には?

作者さん妊活の末、念願の子供を授かり愛情いっぱいに育てていきます。ただ段々、自分の子と周りの子に違いがあることに気づるいていきます。

そして、子供が2歳になったときに発達障害だと診断されます。ショックを受けながらも子供のためにできることは、すべてやろうとする作者さんは療養、SST等あらゆることを勉強して全力で取り組んでいきます。

ところが、色んなことが思い通りにならず、作者さんの心は段々とバランスを崩していきます。そして「母親をやめること」を考え出します…。

「母親をやめるなんて!」という批判もあるエッセイ漫画ですが、本当に極限の状況での子育てに耐えきれなくなった体験をリアルに描いていて、きっとこの本が救いになる人もいると思います。

不倫サレ日記。 結婚9年目で33歳子なし兼業主婦が不倫されてみた

不倫サレ日記。 結婚9年目で33歳子なし兼業主婦が不倫されてみた

作者

ななしな あめ子

出版年

2018/09/14

Amazonで詳細をみる

離婚を切り出してきた夫。実は浮気していた。

付き合って8年、結婚して9年。作者さんは17年もの時間を旦那さんと一緒に過ごしてきました。

ところが、ある日、旦那さんから「離婚したい」と切り出されます。不審に思った作者さんは、旦那さんの行動を調べてみると、浮気が発覚…。作者さんは証拠集めなど、できることから動き出します。

「浮気なんてよくある話」とよく言われています。でも実際に不倫された立場になると、心が大きく傷ついた状態で、調査、調整、裁判などをすすめていかないといけないという、想像できないような大変な日々になります。

このエッセイの作者さんは、まさに傷ついて身も心もボロボロになりながら、夫や浮気相手と向かい合っていく様子を赤裸々に描いています。

離婚について考えたエッセイ漫画を集めてみました。

実際に離婚した作者さんも、悩んだ末に家庭を続けることにした作者さんもいます。正解がある問題ではないですが、悩みに悩んだ体験談を読むことで、共感したり、自分の家庭を改めて考えるきっかけになることもきっとあるはずです。

気になる漫画があれば、ぜひ読んでみてください。

新着の特集

新着特集をもっと見る